トピックス

ユニコラム

懐かしい友との再会

先日、浜町公園で30数年振りに懐かしい友人に再開しました。友人といっても機械。ライドオンスイーパーと呼ばれる工場や敷地内を清掃する搭乗式清掃車です。ブランド名はパワーボス。米国製です。写真左側にあるブラシと本体下部にある大型のブラシで、地上の土埃やゴミなどを車体前面にある大型ホッパーに回収します。この商品の新規販売立ち上げは、私が大学卒業後に入社した機械商社で、初めて仕事を任せて頂き、海外初出張を経験した思い出深いプロジェクトでした。

 

当時、私は26歳。生意気盛りの若造です。そんな若造に新規プロジェクトを任せてくれた会社の英断と、プロジェクトの進め方を忍耐強く指導頂いた諸先輩方には、今でも本当に感謝しています。

 

商品発売後は、商品の認知度を上げる活動として、日本全国の営業所から頂く引き合い情報を基に、日本国内各地を商品のデモンストレーションに駆け回る日々。1トンを軽く超えるデモ機を搭載した4トンロングのトラックを自ら運転して日本各地の商談に出向きました。関東各県はもとより、往復1,000㎞を超える大阪や金沢への出張なども。携帯電話などない時代、パーキングエリアの公衆電話が唯一の会社との連絡手段。「連絡が遅い!」と叱られたことが何度もありました。

 

あれから30有余年。再開した友人は、埃をかぶって少し疲れた感じでしたが、現場でお会いした監督さんからは、「こいつは、見てくれはこんなだけど意外と役に立つんだよ!」とお褒めの言葉。かつて自分が立ち上げに関わった商品が、今でも元気で活躍している姿を見るのは感慨一入です。

 

 

余談ながら、商談で日本全国を駆け回り、殆ど事務所にいなかった私のスケジュール管理や保守マニュアルなどの英文資料の翻訳などは、ほぼアシスタントに丸投げ。ただ、彼女に「指示」をしたのは生涯あれっきり。今では日常生活全般について、彼女から「教育的指導」を受ける日々が続いています。

 

管理本部 M.K. 

 

 

CONTACT